なだぎ武さん「束縛を嫌う黒ひょう・黒ひょうのブルー」、渡邊安理さん「デリケートなゾウ・ゾウのシルバー」

お笑い芸人のなだぎ武さんと、舞台女優の渡邊安理さんが結婚されましたね。

なだぎさんが主演だった舞台で、渡邊安理さんもご一緒されて、いろいろと意気投合したとのこと。

なにやら、新婚さんいらっしゃ~い!に出演されてたということで、それは知らなかったです(笑)

さて、おふたりはどんな人、カップルなんでしょうか、さっそくチェックです♪

なだぎ 武(なだぎ たけし)
生年月日:1970年(昭和45年)10月9日
動物占い:束縛を嫌う黒ひょう、黒ひょうのブルー


なだぎ武
束縛を嫌う黒ひょう
黒ひょうのブルー
男性の性格

穏やかで明るくマナーを心得ており、口数は多くなくロマンティスト。実際に動いて経験したことだけを信じる行動派です。人付き合いには長けていて、日呼吸置いてタイイングを図るといった駆け引きも得意で、相手を説得するのも上手です。お人好しで人情味があり、頼まれごとを断りません。相手の内心を察する能力が優れています。浅はかな行動をすることはなく、熟考してから行動します。

さて、そんななだぎさんの奥様。

渡邊 安理(わたなべ あんり)
生年月日:1984年(昭和59年)8月15日
動物占い:デリケートなゾウ、ゾウのシルバー


渡邊 安理
デリケートなゾウ
ゾウのシルバー
女性の性格

子供っぽいところがあるかと思えば、妙に大人びて見えたりと、アンバランスさのある不思議な雰囲気の人です。実はプライドは高い方で、短気な面があるものの、外に出すことがないので、人間関係も上手にこなします。真面目な性格で、地味なことも嫌がらずに、着々と実績を積み上げていきます。合理的な考え方をするので、情緒的な感覚には乏しいところも。経済面では倹約家で、計画性のないお金の使い方や、衝動買いのようなことはしません。

そんなお二人の相性は・・・


なだぎ武
束縛を嫌う黒ひょう
黒ひょうのブルー

渡邊 安理
デリケートなゾウ
ゾウのシルバー
の相性

お互いに憧れている状態のときは良かったものの、付き合いだすとトラブルが多く、苦労も多くなる相性です。でも、始めの良い印象が強く残っており、ずるずるしてしまいそうな関係です。苦労は買ってでもする、という性格でなければこの恋は続きそうにないです。結婚している場合は、結婚に全人生を賭けるということはしない方がベターと言えそうです。

あれま…!動物占い的には、なんともよろしくない相性が出ちゃいましたが!

とはいえ、新婚さんいらっしゃい!での会話、エピソードなんかを聞いてると、なかなかいい感じでしたね。

どちらかというと、「静」のなだぎ武さん、「動」の渡邊安理さん、みたいな印象を持ったりしますが、実際にはどうなんでしょうか。

末永くお幸せに!!

ピスタチオの小澤 慎一朗さん・吉川莉早さん、お笑い芸人・女優のご夫婦

お笑いコンビ・ピスタチオの小澤 慎一朗(おざわ しんいちろう)さんと、女優の吉川莉早(よしかわりさ)さんご夫婦。

芸人さんと女優さんのご夫婦っていうのも結構聞きますよね。

他でぱっと思いつくご夫婦では、かなり大々的にニュースなどでも取り上げられましたが、南海キャンディーズの山里亮太さんと蒼井優さんご夫婦もそうですね。
⇒ 山里亮太さんと蒼井優さんの性格、相性の動物占い

お笑い芸人の男性が、女優と結婚を発表すると、いろいろといじられる感じが往々にしてありますが、小澤 慎一朗さん、吉川莉早さんご夫婦、この春にお子さんも誕生したとのことで、おめでたいですね。

さて、動物占い的に、どんな人、どんな相性でしょう♪

小澤 慎一朗(おざわ しんいちろう)
生年月日:1988年9月15日
動物占い:母性豊かなコアラ、コアラのパープル


母性豊かなコアラ
コアラのパープル
の性格(男性)

ものわかりが良くて、世話好きで人気者、やや先走りしてしまう傾向がありますが、チャレンジ精神旺盛なタイプです。持って生まれた勘を頼りに生きています。高い障壁があってもくじけることなく、果敢に挑戦していきます。静と動がうまく働いています。頭が良く粘り強さもあるので、先見の明をもって、長期的な視野で仕事ができ、努力もできます。良い時と悪い時の差が激しいところがあるのも特徴です。

奥様の方。

吉川莉早(よしかわりさ)
生年月日:1985年8月23日
動物占い:リーダーとなるゾウ、ゾウのイエロー


リーダーとなるゾウ
ゾウのイエロー
の性格(女性)

飾り気のない、男勝りなタイプで、頑固ともいわれそうなくらいにしっかりしています。奉仕の精神に満ちた人で、人に喜ばれることが自分の喜びだと思うところがあります。行動力があって、仕事もテキパキとこなします。休みの日にも、精力的に動き回っているタイプです。自分らしい雰囲気を作ることがうまく、自然に周りの人をも自分のペースに巻き込んでいたりします。グループの中ではペースメーカー的存在になることが多いようです。

そんなお二人の相性は・・・


小澤慎一朗
母性豊かなコアラ、コアラのパープル

吉川莉早
リーダーとなるゾウ、ゾウのイエロー
の相性

リーダーとなるゾウの女性からすると、相手のはっきりしない態度にヤキモキさせられがちで、それでも離れられず、ずるずるとなる相性です。でも、それも愛のカタチのひとつ。これが本当の愛だと言えるようにするためにも、そんな感覚があるなら、いったん離れて他の恋愛も経験するのがいいかも。相手が追いかけてきたら、そこでもう一度考えてみては?

・・・この鑑定は、結婚前の恋人同士のときのことを前提にした感じですね。

いやいや、でもすでに結婚されていて、占い結果はこんな感じでしたが、お子さんにも恵まれたことで、おふたりで力を合わせて、これからもさらにご活躍されることでしょう♪

武田航平さん、松山メアリさんがご結婚♪ 「パワフル虎・虎のブラウン」と「人気者のゾウ・ゾウのグリーン」

俳優の武田航平さん、女優の松山メアリさんがご結婚されたとのこと、おめでとうございます。

ドラマ「ヨメ代行はじめました」では、恋人役で共演していて、その後も共演することがあり、交際、結婚と進展したんですね。

役で恋人だったのがホントになった!って感じですね。

お二人の性格、そして、相性を動物占いでチェックしてみます♪

武田 航平(たけだ こうへい)
生年月日:1986年1月14日
60キャラ分類動物占い「パワフルな虎」
カラー分類動物占い「虎のブラウン」

パワフルな虎・虎のブラウン(男性)の性格
誰に対してもはっきりとモノを言います。決断力、実行力ともにあり、やるべきことはやり、その場限りの対応などはしません。責任感があり、むやみに人を疑いません。いざというときには一歩も引かない頑固さがあります。そうは言っても、人の話はよく聞き、真意を把握できます。臨機応変の対応もできます。

松山 メアリ(まつやま メアリ)
生年月日:1991年9月2日
60キャラ分類動物占い「人気者のゾウ」
カラー分類動物占い「ゾウのグリーン」

人気者のゾウ・ゾウのグリーン(女性)の性格
依存心や甘えがなく、周りの人からも信頼される人です。外見的には丸みがないというか、神経質そうに見える人が多いようです。飾り気がなくサッパリとした性格ですが、人情に疎いところがあるかもしれません。カッなることはほとんどなく、平和主義者です。冷静で、感情に流されることはなく、けじめを大切にします。あらゆることを割り切って考えるところがありますが、決して冷たい人ということではありません。束縛されるのが嫌いで、自由でいることを好みます。


武田航平さんと松山メアリさん
パワフルな虎・虎のブラウン

人気者のゾウ・ゾウのグリーン
の相性は・・・

付き合ってはいるものの、どちらかが片思いのような寂しさが残るかもしれません。どちらかが寂しがり屋だったり、プライドが高かったりする場合は、つい違う相手に心を許してしまい、破局が訪れることも。一方が、愛する方が幸せ、というタイプならうまく行きそうです。

動物占いでの相性占いはこんな感じですが、いかがでしょう?

末永くお幸せに!!

囲碁棋士のカップル☆伊田篤史 八段・万波奈穂 三段

どちらかというと、結構年配の方々が関心を持つものという感じでとらえられていた感じのある、囲碁や将棋といった世界ですが、まさに、ニューヒーローというか、若い人たちが活躍しているニュースがよく取り上げられます。

実際に、すばらしいスキルを持っていて、ただ単に若い人が頑張っている、という以上に、名実ともにスターという感じで、新しいエネルギーが満ち満ちているように思えます。

同じ囲碁界にいながら愛を育んで、先日結婚されたおふたりがありますね。

伊田篤史八段、万波奈穂三段、このおふたりは、2018年2月12日に結婚したそうで、Twitterで報告されていました。

囲碁棋士どうしの夫婦誕生、ということで、また囲碁界にもいい空気が流れ込むような感じがします。

さてそんなおふたりを動物占いで相性占いしてみました!

伊田篤史八段、1994年3月15日生まれ。
動物占い「まっしぐらに突き進むゾウ」
カラー動物占い「ゴールドのゾウ」
折り目正しく、きめ細かい気配りができ、親切な人です。忍耐力、持続力に欠けるような一面があるようですが、教養高く妥協を許さないカンペキ主義タイプです。約束を守り、責任感があり、少々のことでは動じない精神の持ち主。とはいえ、デリケートさ、温和なところが見え隠れします。組織などで根まわししたりすることは苦手で、独立独歩タイプですが、欲がないクリーンな雰囲気を持っています。

万波奈穂三段、1985年9月10日生まれ。
動物占い「ゆったりしとた悠然の虎」
カラー動物占い「ブルーの虎」
人見知りをすることがなく、いつも元気で明るくサッパリしています。現実主義であまり夢を見るというタイプではないようです。母性本能がありおおらかで包容力があります。頭の回転は速いわりに、決断するのが少々苦手な一面も。困難なことを乗り越えるほど、人情派になる、人の世話をよく見ます。堅実に可能性のあることを求めて進みますが、男性に対して、媚びたり警戒心を持ったり、ということはないようです。取りこし苦労が多いタイプでもあるようです。

「まっしぐらに突き進むゾウ・ゴールドのゾウ」と「ゆったりとした悠然の虎・ブルーの虎」の相性
出会ったときや付き合い始めのときなどは、ドラマチックな出来事などがあるかもしれませんが、なかなか成就しにくい関係です。お互いの理想が現実と異なることで、がっかりするようなことが増えてくるかもしれません。二人の恋を続けていくのであれば、あまり多くのことを期待しない方が良さそうです。もしくは、思いっきりぶつかり合って砕けるか、という相性です。

動物占いの相性占い的には、あまり良さそうじゃないですが・・・

さて、そんな占い結果が出たものの、良いときは信じて、悪いときは「へ~そうなんだ~」くらいに思っておくのもいいのでは(笑)

伊田篤史八段、万波奈穂三段、これからも囲碁に夫婦生活に、楽しく歩んでいって欲しいものです。

豊原功補さん、小泉今日子さんの相性は?

先日、豊原功補さんと小泉今日子さんの交際関係のことがニュースになっていましたね。

いろいろと問題があるようなことが報じられていますが、この先どうなるのか・・・

こういうことって、いろんな背景があるでしょうから、一概に外部がどうこう言えることではないとは思うものの、どうしても芸能人って、一世を風靡したときのイメージが合って、とくにきょんきょんなんかは、こういうニュースとしっくり来ない感想を持ってしまいます。

とにかく動物占いチェックで、ふたりの関係が腑に落ちるでしょうかね。

豊原功補、1965年9月25日生まれ、動物占い「放浪の狼」、カラー動物占い「ブルーの狼」
強い位置を持っている人で、そのときの気分や、好き嫌いだけに左右されない人です。ただ、飽きっぽくて根気不足という一面も。人情味のあって人から頼みごとをされると断れず、自分の時間を費やしても解決させようと奔放します。どちらかというと大器晩成タイプです。

対して・・・

小泉今日子、1966年2月4日生まれ、
動物占い「リーダーとなるゾウ」、カラー動物占い「イエローのゾウ」
しっかりしていて、捉え方によっては頑固とも思われ、男勝りで飾り気がありません。でも、とても奉仕する人で、人が喜ぶことを自分の喜びだと思い込むフシも。てきぱきと動き、仕事熱心で行動力があります。仕事がないときでも、エネルギッシュに動き回っていることが多いタイプ。自分流の空気を作るのがうまく、気づかないうちに周りの人を自分のペースに取り込んでいるようなことも多く、集団にいると全体のペースメーカーとなり得ます。

そんな、豊原功補さん、小泉今日子さんの相性は、

「放浪の狼・ブルーの狼」「リーダーとなるゾウ・イエローのゾウ」の相性
動物占いの相性的にはあまり良いとは言えず、相性度は10%といったところでしょうか。もし、恋愛関係を続けるのであれば、お互いにかなりの努力を覚悟する必要があるでしょう。もし、片思いという場合は、早いうちにアタックしたうえで成り行きを見極めるのが得策かもしれません。付き合いをしているのであれば、むしろ、お互いの努力を褒め合ってもいいのではないかというくらいです。

う~ん、あんまり動物占いでの相性は芳しくないようですね。世間の風当たりも強いでしょうから、これからどうなっていくのか分かりませんが。

でも、どちらかに特定の相手がいる恋愛っていうのは、やっぱりいろんなことがついて回るのでなかなか難しいようですね。

バンドマン・カップル♪「オカモトズ・オカモトコウキ」✖「ねごと・沙田瑞紀」

結婚のニュースっていうのは、めでたくていいですよね。

さて、今回ピックアップしたのは、バンドマンのカップル。「オカモトズ」のギター、オカモトコウキさんと、「ねごと」のギター、沙田瑞紀さん、であります。

どちらもギタリストということで、何やら、坂本龍一さんと矢野顕子さんのような・・・というと、少しとび過ぎでしょうか・・・

ひとまずそれぞれの性格、動物占いで見てみました。

オカモトズのギター、オカモトコウキ、1990年11月5日生まれ、動物占い「正直なこじか」・カラー分類「イエローのこじか」

「正直なこじか・イエローのこじか」の性格
外見からはおおらかな雰囲気を感じさせるのですが、内面に情熱を秘めていて、飾り気がなく、お世辞などが言えない、純粋な青年タイプです。愛想は良いものの、思ったことはズバッというので、周りをびっくりさせてしまうこともありますが、本人には悪気などまったくありません。裏表がないので、ケンカになっても後に引きずるようなことはないでしょう。律儀なのでいったん信頼関係を築けると長い関係を保てそうです。

「ねごと」のギター、沙田瑞紀、1991年3月12日生まれ、動物占い「デリケートなゾウ」・カラー分類「シルバーのゾウ」

「デリケートなゾウ・シルバーのゾウ」の性格
子供っぽさがあるかと思えば、妙に大人っぽいところがあったりと、アンバランスさのある不思議な人です。自尊心が高く短気な一面も持っていますが、それを表だって出すことはないので、まわりとも上手くやっていきます。真面目な性格で、地味なことも黙々とやっていき、実績を積み上げていきます。とはいえ、合理的な考え方が強いので、情緒的ものに対する柔軟性はやや乏しいかもしれません。金銭面では倹約タイプなので、無計画なお金の使い方、衝動買いなどはないでしょう。

そんな二人の相性:
「正直なこじか・イエローのこじか」「デリケートなゾウ・シルバーのゾウ」の相性
とても良い相性です。意見が違っても、率直に語り合うことができますし、ケンカになってもすぐに仲直りできるでしょう。それでも、もし、なかなか修復の難しい状況が生じたときは、黄色信号。あまり無理をせず、少し距離を置いたり、時間を空けてみたりするのがいいかもしれません。とは言え、そんなことで崩れてしまうようなヤワな関係性ではないはずなので、ときには、お互いに引くことも覚えて、愛の形を確固たるものにしていきましょう。

なんとも、ナイスカップルな鑑定結果でしたね!

これからも、公私ともども、良いサウンドをはじき出してくださいませ♪

夫婦の相性動物占いドンピシャです。傷つきやすいライオンと人気者のゾウ

夫婦の相性を占ってみました。夫は「傷つきやすいライオン」で、私は「人気者のゾウ」でした。

共通点の多い二人で、何らかの夢を共有すると上手くいく関係で、その反面、どちらかが仕事や遊びに夢中になると、壊れやすい関係でもあるそうです。

これまでの経緯を振り返ってみると、この動物占いはなかなかドンピシャな診断結果で、ちょっとビックリです。

付き合っていた当初は、お互いに夢や理想論を色々と語り合っていて、様々な分野のことをよく知っていて頭のよい夫の事が大好きでした。

でも家庭を持って子供が出来てとなると、理想や夢を語り合ってる場合でもないし、子育てや生活の事を考えると、夢や理想だけではやっていけないと思うようになりました。

主人は相変わらず、現実や状況を考えず理想論を振りかざすところがあって、正直な所相手をするのが面倒くさいです。

今では話をするのも面倒な、冷めた夫婦となってます。動物占いで言うと、関係が壊れてしまったって所でしょうか。

可能性は低いと思いますが、今後またお互いに夢や理想を持って語れるような目的が出来れば、また仲の良い夫婦に戻れるような気もしています。

私たち夫婦は、夫婦というよりは同士って関係性なのかもしれないって思いました。

—————–

中居くん・矢部ちゃんと同じ「デリケートなゾウ」の主人と「頼られると嬉しいひつじ」の私

お互いの動物キャラを知って笑ってしまうほど的確でした!!

私、妻は「頼られると嬉しいひつじ」で主人は「デリケートなゾウ」

私は「頼られると嬉しいひつじ」、まさにおせっかいなほどに、世話をやいてしまうタイプです。

そして主人は「デリケートなゾウ」で、妥協を許さない努力タイプの人です。

そしてこの相性診断が驚くほど当たっています。

いや、当たってはいけないのですが、「価値観が合わずうまくいかなくなるケース」という診断に妙に納得です。

自分にない魅力を持っているところに惹かれ結婚したのですが、趣味や食の好みも合わず、価値観が合わないことが、まさに私の今の悩みです。

診断では他に好きな人ができて破局するそうですが、もう結婚しているので、そうなったらちょっと大事ですね~(笑)

ですが、俳優のような年下イケメンに迫られたらありうる?!なんて夢のようなことも考えてしまいました~。

しかし、今は「デリケートなゾウ」の扱い方を勉強して、うまくやっていくのが一番ですよね。

なのですが、中居正広と矢部浩之が主人と同じタイプと知り、やっぱりこだわりが強くて、ちょっと面倒くさそうな印象が強くなりました。

デリケートなゾウタイプは自分の価値観が強いので、結局一人で生きていった方が良いのでは?!と再認識してしまいました。

今度はこの相性の対策を知りたいと思います。

—————–

夫婦でふたりとも「まっしぐらに突き進むゾウ」ですって!

我が夫と一緒に、動物で相性占いをしてみたところ、二人ともまっしぐらに突き進むゾウ同士という診断結果が出ました。

ゾウと言えば賢く長生きな動物ですが、怒るとあの巨体であたりかまわず踏み散らすという一旦怒ったら止まらないなんてことをイメージしてしまいます。

「まっしぐらに突き進む」ということでそんな賢いイメージよりは猪突猛進なイメージの占い結果でした。

この「まっしぐらに突き進むゾウ」は、行動力も表現力も活発でサバサバしていて容姿端麗の美人が多いとか書かれています。

容姿端麗かどうかはともかく男らしいと言われたことは数知れずですので、結構当てはまっていますね。

更に根気や忍耐力があり、まっしぐらに生きていくというのは今までの生き方にあてはまる面もあります。

夫もこのゾウということですが、男性の場合のゾウは教養人で完ぺき主義者、温和でデリケートとあります。

欲がなくクリーンという点も夫のイメージにはぴったりです。

この二人の相性は占い結果から読むととても良いようです。

特に意見が食い違うこともなく適度な距離感で付き合えるので、一緒に時間を過ごす時にも居心地よく感じます。

これはまさに結婚前にお互いが感じていたことなので当てはまっていますね。

特別な刺激はありませんが、長い時間を一緒に過ごす夫婦としては理想的な関係だと言えそうです。

—————–

私が「パワフルな虎」で彼女の方は「まっしぐらに突き進むゾウ」この時点で当たってる!

動物相性占いをやってみた結果、私(男性)は「パワフルな虎」で、彼女の方は「まっしぐらに突き進むゾウ」でした。

すでに動物キャラの名前を聞いたこの段階で当たっているような気がします。

私は普段からかなり精力的に動くタイプで、見た目がきついからか、よく虎のようだと言われる事が有ります。

見た目的にも猫顔ですし、けっこう動物相性占いのイラストも似ていたりします。

彼女の方も思い込みが強く、一度決めた事はわき目も振らずに突き進むタイプです。

見た目もおっとりした感じで、少しぽっちゃりとしたタイプでありながら骨太なのでまさに象という感じです。

このタイプ分けだけでもけっこう当たっていて驚きです。

で、占い内容ですが、どちらかの思い強すぎてというところも当たっていると思います。

良く言えば彼女は一途で尽くすタイプですが、悪く言うと重いタイプなのです。私が喜ぶように、私が嫌な思いをしないようにと私の為だけを思って行動している気がします。

占い結果に「我慢する方もさせる方も心の負担」と書かれていましたが、本当にその通りだと思います。

私の為にいろいろやってくれているのは分かりますが、かえってこちらも気を使ってしまってストレスになる時も多いです。

もちろん彼女の方もストレスが溜まっている事も多いでしょうから、まさにその通りだと思います。

占い結果は全体的に当たっていたので、本当に驚きました。

—————–